2017年7月25日火曜日

女性上位万歳!?‼︎


オノヨーコの『ただの私』は私のバイブルです。何人もの大切の友達に勧めたし、雑誌のインタビューでもよく話題にします。彼女が1990年に日本語で書いたこの本の中には彼女の葛藤と優しさ、女性らしさが詰まっていて、読んでいて涙が出てきます。フェミニストの第一人者のように世間では思われている彼女だけど、男性と対抗してきたのではなくただ『ただの私』でありつづけたい、そうあり続けるには戦う必要性があった時代(そして彼女のパートナー、ジョンという大きな存在)に生きてきた女性のエッセイです。
読み返すたびに共感と発見があり、色々なことに気づかせてくれる一冊です。こういう本に巡り合えて幸せ。
この本の中に『女性上位万歳』というエッセイがありますが、そのまま今の政治家に読ませてあげたい。井戸の中の蛙状態のこの日本の人相の悪くなってしまった政治家に。

人種、文化、宗教、性を超えてこの美しい地球で共存して暮らしていくことが人間が唯一地球に恩返しできる術ではないかと思うのです。戦って(それは小さな戦いでも大きな戦いでも)傷つけ合う必要なんて全くない。政党同士で戦い、お互いの悪口や野次で国会が行われていることの理不尽さ。なんなんだ、いったい。なんのために政治があるの?

先週夜ご飯の帰りに電車に乗っていたらホームで軽いキスを交わしたカップルがいました。別になんの気も止めなかったけれど私の隣に立っていた若い男の子二人(多分20代前半)が『今のキス見た?あれ不倫だよ、きっと』って言っているのを聞きました。そのあと『あれはきっとかなりご無沙汰だったんだな』とも。
別にホームで抱き合いながら濃厚キスをしていたわけでもなかったし、そうしたところで誰にも迷惑かけてないと思うのですが、そんな若き青年がただの軽いキスくらいでそんな夢のない想像しちゃうんだ、とびっくりしました。『君たちは?自分たちがご無沙汰なんじゃないの?』って言いたかったけど、多分びっくりされるのでやめました。愛に慣れてないんだろうか、とちょっと日本を心配した夜でした。

この写真は主人が撮ってくれたもの。この撮影をする前に『今回は男性モデルをヌードにして女性は服を着たままで』と彼が提案してきました。よくある男性雑誌に対抗する気分で若い男性モデルを脱がせちゃいました。一日中私はヌードの男の子と一緒だったのです。彼は綺麗な体をしていたからなんの抵抗もなく脱いでくれたけど。もちろんヌード撮影ではないからシルエットだけ見せて。

日本の女性誌でも取り上げて欲しい企画です。





2017年7月18日火曜日

自分探し


先月のGROWで4ページの特集をしていただきました。
テーマは40代で輝き続けるにはどうすればいいのか、という内容でした。
美しさを保つノウハウはきっと日本に住んでいる読者の方々の方がもっとよく知っているはず。私は美に対してお金も時間もそんなにかけていませんから。
インタビューの中で私が最も主張したかったことは『どこにいても自分は自分』ということ。フランス、アメリカと人生の半分を海外で過ごし、それぞれの文化や風習から少なからず影響を受け、それと同時に生まれ育った日本の社会性からかけ離れた自分がいる。
それは短所でもあり長所でもあるけど、なるべくそれを長所にしていきたい。社会にとらわれない、社会のモラルはその土地のものであり、地球規模で考えたら今自分たちが縛られていること、悩んでいることはほんの小さなことかもしれない。

インタビューされて紙面に載っている自分と私自身のギャップに戸惑うこともあります。
紙面に出ている自分は自分自身が目指す自分
実在している自分は目標に達せていないコンプレックスのかたまり。

ここ数年自分でやりたいことはあるのにそれができていない
ちっともなりたい自分になれてない

これまで学んできたこと、経験してきたことをうまく仕事に生かしていきたい
そしてそれが社会への、女性への手助けになればこれ以上の喜びはありません。

私は迷った時にふと占いに行きますが、そこでよく言われるのは
『あなたは木です。そこに風がふいて鳥が集まってくるのです』と。
どんなに強い風が吹いても倒れない、迷っている鳥をとめてあげられるような大きな木になりたい。

この夏初めて2ヶ月も日本に滞在しました。子供達も一緒なので会いたい友達に頻繁にあえなくて、仕事のアプローチも進んでいません。私は同時に二つのことをこなせないタイプなので、子供といる時は仕事モードに全くなれないのです。子供達の声を聞きながら原稿なんて書けない。それで子供達に八つ当たりしてしまうことも。でも今はきっと、私の木にとまっている子供達を受け入れてあげて、そして彼女たちの夏休みがおわり、また飛び立った時に自分という木が大きくなっていたらいいな、と自分に言い聞かせながらこのブログを書いています。

昨日の晩は友人宅に行き、とても楽しい夜を過ごしました。10年以上も友達でいる彼女たちは輝いていて、女性としての仕事も謳歌しています。そんな友人を見て羨ましいと思うと同時にエネルギーももらいました。家族がいるから自由じゃない、というのは自分への言い訳。自分の進む方向は自分以外では決められない。『私らしく生きる』ために自分が置かれた立場を受け入れてそこで花を咲かせるのが一番自分らしいのかも。

人のことはクリアに見えても自分自身のことをクリアに見るのが一番難しい。
客観的に自分自身を見てくれる友人たちは最高の宝物

夏休みもあと3週間(長〜い、アメリカの夏休みは約3ヶ月もあるのです)

がんばろっと!


2017年3月29日水曜日

Spring



春です。去年の冬はLAの雨量が例年をはるかに越えていたので、これまでの禿山も嬉しそうに緑を充実させ、そして今花を咲かせています。街中どこに行っても野の花が咲き、ジャスミンの良い香りが漂っています。アメリカ人って特にLA人はやたらと体を動かす事が好きで街でもトレーニングウェアを着てしまうくらい。(これって私は絶対やりたくない事の一つなのですが。。。)これまで仕事していたのに少し時間が空くとサイクルやハイキングに出かけてしまう。ランチタイムのヨガも結構混んでいます。

ハイキングも以前ハリウッドに住んでいた時は裏がすぐハリウッドサインのある山だったのでよくハイキングに誘われましたが、どうもあの禿山に登ってカラカラになるのかと思うと、ただでさえ乾燥肌気味なのにこれ以上紫外線と乾燥と戦う気がしなくていつも断っていました。

が、今年の春は違います。

こんなに緑の中で春の花の香りを楽しむ事ができるのって今しかないチャンスです。

今年は自らトレーニングウェアに着替え愛犬を連れてひたすらこの辺の山を散歩しています。(でもそのあとは家に直行してシャワーを浴びてまた外出着に着替えて出かけるのです。トレーニングウェアでは人に会いたくありません。)



春の香りって独特

なんとなく湿った空気間の中でふわっとあま〜い香り
虫や鳥も生き生きしている



先月の満月の夜にハイキングをしました。
夕方になると霧も晴れて、コヨーテの鳴き声を遠くに聞きながら歩いていると、ふと懐かしい香りが。
何だろうと思い返してみるとそれは去年行った京都の香りでした。清水寺で見た夜桜の香り。LAの山に桜はなかったのですがアーモンドの白い花が同じ香りを漂わせていました。

タイムトリップした気分になりました。


2017年1月27日金曜日

激動の2017年


2017年はトランプニュースでアメリカ、世界全体が騒いでいます。

LAでも先週大規模なウィメンズマーチがダウンタウンで開かれていました。
周りの何人もの女友達に参加を誘われたけど結局私は参加しませんでした。
何となく人混みに行く気分でもないし、テロも怖かったし。

トランプ大統領となってから政治そのものよりも彼をなじる報道の多さにうんざりさせられます。それはもしかして本当に今アメリカがしていることから世間の目を反らせるためにしているのかと思うほどです。

このような人が国のトップに立ち、この環境で育つ子供たちにどんな影響を与えるのでしょう。こういう人になれば権力もお金も得れると勘違いしてしまう子供達が多く出てくるのではないかと思います。

移民問題、メキシコとの壁問題と色々ありますが、個人的にゾッとしたニュースは彼が拷問を認めるといったこと。やられたらそのままやり返す、というのは知性のない人間がしてきたことで、現代人として、教育を受けてきた人間としてその間違いは繰り返してはいけないはずなのに。やられたらやりかえす、というのは3歳児レベルだと思います。

なんだか今社会全体が " HATE "(嫌悪)に覆われている。

この怒りのパワーは危険です。ドイツでも怒りのパワーを元にヒトラー主権が誕生しました。

どうか、愛のパワーに変わりますように。


2016年12月29日木曜日

2016年を振り返って


毎年のことながら年末にその一年を振り返ると子供達の成長と共にその時間の早さに驚かされます。

今年は初めてParisに行かなかった年でもありました。それは自分の中でとても大きなことで、あの街の空気を吸わずに一年を過ごしたのは1996年以来です。

LAに引っ越して以来いつも私の心の奥底にひっそりと潜んでいるParis依存症。
何かあるとParisの街を思い出し、自分がそこにいないことが悲しくなる瞬間が何度かあるけれど今年はもっと今自分がいる街を受け入れて、そこを中心に(精神的に)活動していこうと決めていたのです。もちろんテロのことも気になっていました。あのテロ以来ずっと心が重く感じて、ヨーロッパに行くワクワク感が消えつつあったのも事実です。
実際に去年Paris に行った時に感じた危険な違和感はテロの前だったけど自分が住んでいた頃よりも増していました。そして今ではフランスだけではなくドイツやベルギーなどヨーロッパはテロに怯えています。もちろんアメリカだっていつ攻撃を受けるかわかりません。でもそのテロだって理由がなくて起こっているわけじゃない。
先進国が弱いものいじめのごとく小さな国を攻撃し続けた結果だと思っています。
今の地球規模のこの危険な状況はテロ犯を取り締まるだけではなく国同士が平和に向かって力を合わせない限り無くならない気がします。小さな国の怒りはもうとっくに峠を越しているのだから。以前こういう記事を FBに乗せたらいつのまにか消されていました。

経済大国にならなくてもいい、高いブランドものを買い漁るよりも、食べるものと住む場所、医療と教育が一定基準を満たされていれば人間はそれなりに幸せなのです。

今の時代国レベルで考えるよりも地球レベルでこの土地と人間、自然を守ることを考えることが政府の役目なのではないかと思います。


この一年は自分の中のジレンマに悩まされ続けた年でもありました。
多分それはこれまでメディアに出てきた職業のせいかもしれません。
はたから見ればすごく満たされた人生に思われているのに自分の中では何かが足りない。その何かとは自分の『自信』や『達成感』だったのではないかと今になって思います。
周りの友人達は世界的に素晴らしい活躍をしていたりどんどん有名になって名声を得ているけど自分はいつも同じことの繰り返し。
だけどクリスマスを迎えてこの変わらない『いつもと同じ』生活がどれだけ幸せなことかに気がついたのです。社会的活動はしていなくても、こうして日々家族が健康で賑やかな食卓があって、空も綺麗。

人間の価値ってインスタでフォロワーがたくさんいるとかそういうのではなくて(笑)いかに自分の周りの人を幸せにできるか、なのかではないかと思うのです。

今自分がこうして生きているうちに少しでも多くの人に幸せのお裾分けをしたい。

美味しいご飯を人のために作ったり、道に綺麗な花を植えてそれを見た人がほっこりしたり、そういうすごく小さなこと。

でもそういう小さな幸せが大きな幸せに繋がり、そのつながりそのものが『人生』なのだから。






娘達にも『与えてもらえる人』よりも『与える人』になって欲しい。
得をするよりも喜びを与えてあげられる人になって欲しい。

結局与えられる人の方が幸せなのだから




2017年はなんとなくいい年になりそうな気がしています。17、だし。

地球が優しくいられる年になりますように

2016年9月20日火曜日

Portland 2



Portland3日目は今回のメインイベント、ハイキング!
と言っても12歳の女の子と一緒なので、歩く距離も限られているのですが、森まで
街の中心地からMax line で Washington parkまで直通、しかも15分で行けるのです。

あっという間に着くとそこは動物園の入り口にもなっていました。



無料シャトルバスに乗ってとりあえずRose gardenとJapanese gardenまで。
Rose gardenはバラが満開でバラの香りが立ち込めていました。
500種類以上のバラが何千本と植わっていて気分はすっかりイングリッシュ。
花に群がる蜂も気にせず大輪のバラの中に顔を埋めていました。本当にいい香り。





Rose Gardenの対面には和風の庭園も。ここは有料なのですが、さすがに雨量の多い地区だけあって苔、シダ植物で覆われていました。でも春に京都に行ったばかりだったので、”ま、こんなものか”っていうのが正直な気持ち。



そして、庭園から住宅街を抜けると一気に森が広がっていました。
緑が深くてまさに”森林浴”。イオンたっぷりで何度も深呼吸したくなるほど。
LAの山と比べる方が間違っているとは思うけど、水をたっぷり吸った(LAの山はカラカラ)大木がいい感じの日陰を作ってくれて、何マイルでも歩いていたいほどでした。日本の山と似てるかな? 幼い頃、裏山によく登山に行きましたが、其の頃の香りが記憶とともに蘇ってきて懐かしい気持ちになりました。香りと記憶って直結しているのですね。


森付近の住宅街で。住宅街といえども緑でいっぱい



こんなに可愛い植物も道端で発見


そして、ハイキングを楽しんだ後は街に帰ってきてDTのCourier Cofee Roastersで美味しいコーヒーを一杯。お店で自家焙煎されたコーヒーは香りが深く、酸味、甘味、コク、苦味が絶妙のバランス。ここで売られていたカヌレもアメリカで食べたカヌレの中ではピカイチでした。思わずお代わりしたほど。どうしてポートランドってこんなにも食のレベルが高いの?



最終日はかねてからNadiaが希望していたホテルでのルームサービスの朝食をオーダー。
二人分オーダーしたらこんなにもてんこ盛りの朝食が届きました。食べきれない。こんな無駄は最初で最後ね、と言い聞かせてからオリンピックをテレビで見ながらベッドで食事。まあそれもホテルの凄みの一つというか。。。自宅ではこんなマナー違反絶対許されないですから。うちではテレビを見ながら(もともとテレビもありませんが)のTV Dinnerはもってのほか。だってせっかく愛情を込めて時間をかけて作ったものがテレビの画像に神経を奪われるなんて。絶対ありえない。愛情を受け取ったら愛情でお返しすべきです。


この街で絶対食べないだろうと思っていた日本のラーメン。でもラーメンさえも美味しかったんです。ここは午前中に立ち寄ったお店のスタッフにオススメされた地元のオシャレなFood Court.コーヒー、イタリアン、タコス、ラーメン、そしてアイスクリーム、全てが地元のブランドのもの。

疲れていた娘がラーメンを食べたいと言い出し、わざわざポートランドに来てまで食べなくても、と内心思ったのですが、食べてみると日本のラーメンを超える美味


私がオーダーしたのはビーガン冷麺。昆布で出汁をとったと思われるすっきりとした、でも旨みたっぷりの汁に、汁をたっぷり吸ったジューシーなお豆腐とキノコ、お野菜が。
これまで海外で食べたラーメンの中で一番好きでした。ラーメンを食べた後に罪悪感を感じない、体に優しいラーメン。Marukin Ramen





街中から少し離れた工場地帯にある話題のお店 Beam & Anchor

 あまりに話題になっているけど、実際行ってみると素敵なのは素敵なんだけど、結構LAでも目にするセレクト。日本の雑誌でもポートランド特集があると必ず出てくるお店です。でもきっとお店のセンスがいいのかな。全体的にまとまりのあるセレクト感でした。


真似したいアイデア発見。リビングルームに緑が欲しいので、大きな工業用ガラス瓶を見つけてきて、こんなグリーンを飾りたい。何も買わなくてもセンスを盗めるのはやはりいいお店だってことでしょうね。行ってよかった。


空港に行く前に立ち寄ったStumptown coffee

優しい店員さんがNadiaにジュースをサービスしてくれました。ほんのり酢の酸味が効いていて、暑い日にはぴったり。ありがとう。


あっという間の4日間の親子二人の旅は、優しい時間の中で楽しい思い出で溢れたものとなりました。また行きたいな、Portland.

2016年9月14日水曜日

Portland trip


長年行ってみたかったPortlandにこの夏Nadiaと二人で行ってきました。
LAからPortlandまでは飛行機でたったの2時間半。あっという間に着いた街はLAとは全く違う風景で深〜い緑に囲まれた美しい街でした。
今回宿泊したのはMarriott water frontというdowntownの少しはずれにあるホテル。
目の前が大きな河でとても景色のいい快適なホテルでした。


チェックインしてすぐランチに。
überでEast sideに移動して、人気のDivisionエリアにあるBroderというSwedish styleのcafeに行きました。人気店らしく平日なのにお店の外には並んで待っている人がいました。
ブランチ風にリコッタのブルーベリーパンケーキとサーモンとエビのオープンサンドをオーダー。パンケーキはしっとりとしていてアメリカンパンケーキとは全く違う食感。甘さ控えめでとても美味しかったです。私の中でのSwedish cafeのイメージはパリのSwedish カルチャーセンターにあった女性スタッフに囲まれたもので、出てくるものもサンドウィッチとかケーキが中心。でもここはPortlandらしくた力強い腕をしたがっちり系のお兄さんが暑いキッチンで調理をしていました。ソーセージなどのお肉系メニューも充実していて男性客も多くいました。


街を歩いていたらこんなタンポポ畑を発見。


Division streetにあるField Tripという雑貨のお店。以前行ったことのある友人に勧められて絶対行きたかったお店です。アメリカ全土で流行中のナチュラルな雑貨を主にセレクトしてありました。日本もそうだと思うけど最近は洋服屋さんよりライフスタイル中心のお店の方が注目されています。このお店では毎月ワークショップが開かれていてカゴを作ったり草木で染めものをしたり、それも全てセンスが良くてオーナーの女性もとても素敵な方でした。手に届く憧れ、毎日あるといいなと思える雑貨を提供してくれているお店です。


こんなセージと小さなバラの組み合わせも素敵。


 屋台の集まる広場では女性が経営するBeauty関連のお店も。Portland産のクリームやローションなど揃っていました。次女のMarinaへのお土産はここで購入。


こういうのお庭にあるとゲストハウスとしていいな。


日本人がデザイン、経営するKirikoではお店のオープニングパーティーが開かれていました
アメリカで人気のこのブランドは日本から生地を取り寄せてアメリカでデザインされている洋服や小物など日本人の私から見ても新鮮なデザインが豊富に揃っていて、初の路面店は天井が高くてギャラリーにようなスペースに仕上がっていました。Portlandを代表するKiriko ブランド。きっとこのお店も新たなLandmark となるのでしょう。



夜Nadiaとdinnerに選んだのはLittle Birdというフレンチビストロ。
雰囲気あるれる店内は夜の光とキャンドルでまるでヨーロッパにいるようでした。



前菜だけど十分な量だったこのラムのグリル。口の中でとろけておいしかったー
暑い日だったのでキリッと冷えた白ワインとの相性も抜群でした。


お会計の際に出てきた小さなマカロン。




ホテルに着くとこの夜景。

あえてホテルを川辺に予約してよかった。



楽しみにしていた土曜日のFarmer's market.
緑あふれる大学の中に設置され、買い物をする人、朝ごはんを目当てに来ている人で賑わっていました。
緑が茂る木に囲まれたマーケットは空気も最高で並んでいる野菜、フルーツも生き生きとしていました。


 ハンカチを敷いて、ビスケット(スコーン)とPortland産のコーヒーを芝生の上で

力強い色のビーツ


担々麺のお店まで出店


美味しそうなスウィーツの並ぶお店


ボリュームたっぷりのシカゴピザ


パテのお店


ベリーも甘くて美味しい

finger ling potato 
種類がたくさんあるのでこうして切って見せてくれているのです。




 午後フラッと立ち寄った香水屋さん Fumerie. ヨーロッパの厳選された香水が並んでいました。 アメリカのデパートでは買えないレアなフランスのブランドのものもあったり、私の好きな調香師Olivia Giacobettiのものも。好きな香りのタイプ(例えばグリーン系、フローラル系、スモーキー系など)を伝えるとオーナーが数本選んでくれてその中で一番好きだったのもやはりOliviaのものでした。これまで好きでつけてきた香水はどれも偶然彼女の調香したものだったのです。それぞれブランドも生産地も違うのにすべてOliviaのもの。パリの6区に彼女のお店が出来たらしいので次回のパリ旅行の際には是非行きたい場所です。

二日目の夜に行ったイタリアンLuce
友人宅にいるような”ご近所Cafe"の気軽さと美味しさでした。
こういうのが近所にあるとすごく嬉しいのに。。。



娘は手打ちタジリアッテ、私はマスのファルシをオーダーしました。
シンプルだけど、美味しさがギュっと詰まってる、そんなdinnerでした。
前菜にオーダーしたフェンネルとレモンのサラダも素材の味が生かされていて大満足。
ここに向かう途中タクシーの運転手に行き先を伝えると、”僕もよく通う大好きなお店だと”と。ローカルに愛されているお店です。

続きは第2話で。