2008年9月9日火曜日

秋の気配



 毎年バカンスから帰ってくると通りのマロニエがうっすらと茶色づいていて、夏の終わりとともに秋の気配を感じずにはいられません。この季節は私が留学を始めた季節。12年前のドキドキした気持ちと家族や故郷を離れて寂しい思いが一気に蘇ってきます。あの頃は一人だったのに、今では家族がいます。こんなに日本から遠い国でまさか結婚して子供を育てるなんてあの頃は予想すらしなかったのに。でもこれが神様が私に与えて下さった歩み方なんだなと思います。大変なこともあるけれど、毎日笑顔でいられる。そんな生活を与えて下さってとても感謝しています。さて、先日近所のリュクサンブール公園に子供と朝のお散歩に出かけました。普段はベビーシッターに任せっきりで週末以外は子供と遊ぶこともないけれどこの日は彼女がお休み。上の子は学校なので、下の子と一緒に公園に行ってきました。歩いているとふとキンモクセイの香りが。日本をとても懐かしく恋しく思いました。ところでウィークデイの公園はとてもひっそりしています。特に朝は人が少なくて、公園内のcafeもこのようにガラーン。おかげでゆっくりとショコラショーを飲みながらとてもいい時間が持てました。噴水の花壇もすっごくきれい。毎回感動するのですが、この公園のガーデニングのセンスのいいこと! 季節の花や草木がセンスよく植えられて、将来の家と庭を想像して空想旅行してしまいます。今度から毎週写真に収めておこう、そして毎週月曜日は私が子供と一緒に公園に来ようと決心して公園を後にしました。

2 件のコメント:

talktothewind さんのコメント...

すてき〜な公園ですね!

匿名 さんのコメント...

こちらの公園、正しくはParc Floral de Vincennesですよ♪
インテリア&オブジェ関連の展示会はMaison et Objetです。