2010年7月24日土曜日

Merci Paris

長年住み慣れたパリから離れることになりました。新しい拠点はロサンゼルスになります。その最も大きな理由は夫の「海が近くて暖かくてなおかつ仕事もできるところ、で、ハワイに近いともっといい」それならロスしかないでしょう(笑)

毎年8月になるとパリからハワイに通っていたバカンス貧乏のうちの家族はたまたま仲のいい友人カップルがロスに引っ越した事をきっかけにハワイバカンスの前に数日間ロスに滞在して
何となくこの街が近い存在に感じつつあったのです。夫の性格や好みを考えるとロス程合っている街はないと思うのですが、私の性格、好みを考えるとどうしてもパリに留まってしまう。もう何年間も二人で喧嘩もしながら話し合い、やっと私が折れて今回のロス行きを決めました。15年も住んだパリから離れるのは本当に辛く、寂しいけれど、この街からは本当にたくさんのプレゼントをもらいました。人との出会い、仕事、そして家族。ここに来る前は想像もしていなかったくらいの素敵なプレゼントがたくさん思い出、経験として私の中に残っています。これからはこの経験を生かしてParis-LAをリンクさせながらもっともっと充実した人生を楽しんでいくつもりです。

私の中で大きな節目となる2010年、夏。

子供達もまた違った環境でどんどん成長していく事でしょう。

個人的にはこれからも子供服のブランド 「me」を展開させて、それと同時にパリからセレクトした子供服をロスで売っていくつもりです。サイトは秋くらいには出来上がる予定です。

せっかく新しいお家には素敵なキッチンがあるんだからお料理ももっと頑張っていきたい。

先月は寂しくて落ち込んでいたけど今は意欲に燃えています(笑)この移動もせっかく自分に与えられたチャンスなんだから、無理をせず自分らしくそれを受け止めて、心地よくそのチャンスを生かしていきたいです。

「Parisの空の下で」はタイトルを変えなければいけませんね。「LAの青空の下で」?になるのかな? ただ今、検討中です。これからもおつき合い下さい。

7 件のコメント:

TANIGUCHI Yui さんのコメント...

エミコさん、引っ越して一週間経ちますね。
ちょっとは落ち着きました?
パリにエミコさん一家がいないと思うと、すごく寂しいですよー でもLAで新しい生活、元気にやってると思うと、わくわくします!
ピーター、なーちゃん、まーちゃんも元気ですか?

ブログのタイトルは、"同じ空の下で"ですね!
パリもLAも日本も、どこにいても同じ空の下♪

芙美 さんのコメント...

こんばんは。初めて投稿します。

EMIKOさんの著書を愛読しています。
パリからお引越しされるとのことで、驚いてコメントさせて頂いた次第です。

昨年末から年始にかけて、大学の卒業旅行として、当時付き合っていたイルドフランス出身の彼の里帰りに合わせて一ヶ月ほどパリに滞在しました。

彼のおばさんがサンジェルマンのアパルトマンの小さな一室を私たち二人に貸してくれたのです!

その部屋から毎日、彼と街を歩きました。もちろん「きれいをくれるパリの街」をバッグに忍ばせて・・・☆

レ・フィロソフのタルト・タタン・ア・ラ・トマト

マルシェ・ビオ・ラスパイユとそこで買ったローズのフェイシャルオイル

フィッシュ・ラ・ポワソヌリィ

スワロフスキーの猫の置物

どの味も、香りも、風景も、思い出すたび心をキュンと切なくします。本当に愛しい想い出です。

初めてのヨーロッパだったのですが、キラキラした町並みと、生活を楽しむ人々の様子にすぐに恋に落ちて、私もEMIKOさんのようにいつか絶対パリに住みたいと思うようになりました。

今は日本で就職して、たまの出張で海外に行く生活をしていますが、いつかきっとパリに住みたいです。

こんな風に心をときめかせてくださったのも、EMIKOさんの素敵な生活が垣間見える「きれいをくれるパリの街」と「Parisの空の下で」に出遭えたことが非常に大きく影響しています。

私の中でパリの女性の代名詞のようなEMIKOさん。これからはLAで暮らされることを知って、勝手ながらとても驚いています。

さぞ一大決心だっとことと思います。

しかし場所が変わっても、きっと暮らしはますます丁寧に、素敵に営まれていくことと思います。

素敵な出会いやチャンスもたくさん巡ってくるのでしょうね!

天使の街で天使のようなお子様と素敵な旦那さまと笑顔溢れる毎日をお過ごしください。くれぐれもお元気で!!

これからも素敵な情報を発信してくださいね。
楽しみにしています。

長文拙文、失礼致しました。

芙美 さんのコメント...

こんばんは。初めての投稿です。
EMIKOさんの著書を愛読しています。
パリからお引越しされるとのことで、驚いてコメントさせて頂いた次第です。

昨年末から年始にかけて、大学の卒業旅行として、当時付き合っていたイルドフランス出身の彼の里帰りに合わせて一ヶ月ほどパリに滞在しました。

彼のおばさんがサンジェルマンのアパルトマンの小さな一室を私たち二人に貸してくれたのです!
その部屋から毎日、彼と街を歩きました。もちろん「きれいをくれるパリの街」をバッグに忍ばせて・・・☆

レ・フィロソフのタルト・タタン・ア・ラ・トマト

マルシェ・ビオ・ラスパイユとそこで買ったローズのフェイシャルオイル

フィッシュ・ラ・ポワソヌリィ

スワロフスキーの猫の置物

どの味も、香りも、風景も、思い出すたび心をキュンと切なくします。本当に愛しい想い出です。キラキラした町並みと、生活を楽しむ人々の様子にすぐに恋に落ちて、私もいつか絶対パリに住みたいと思うようになりました。

今は日本で就職して、たまの出張で海外に行く生活をしていますが、いつかきっと・・・☆

こんな風に心をときめかせてくださったのも「きれいをくれるパリの街」と「Parisの空の下で」に出遭えたことが非常に大きく影響しています。

私の中でパリの素敵な女性の代名詞のようなEMIKOさん。これからはLAで暮らされることを知って、勝手ながらとても驚いています。さぞ一大決心だっとことと思います。

しかし場所が変わっても、きっと暮らしはますます丁寧に豊かに営まれていくことと思います。素敵な出会いやチャンスもたくさん巡ってくるのでしょうね!

天使の街で天使のようなお子様と素敵な旦那さまと笑顔溢れる毎日をお過ごしください。くれぐれもお元気で!!
これからも素敵な情報を発信してくださいね。楽しみにしています!!

芙美 さんのコメント...

こんばんは。初めての投稿です。
EMIKOさんの著書を愛読しています。
パリからお引越しされるとのことで、驚いてコメントさせて頂いた次第です。

昨冬に大学の卒業旅行と、当時付き合っていたイルドフランス出身の彼の里帰りを兼ねて一ヶ月ほどパリに滞在しました。

彼のおばさんがサンジェルマンのアパルトマンの小さな一室を私たち二人に貸してくれたのです!その部屋から毎日、彼と街を歩きました。もちろん「きれいをくれるパリの街」をバッグに忍ばせて・・・☆

●レ・フィロソフのタルト・タタン・ア・ラ・トマト
●マルシェ・ビオ・ラスパイユとそこで買ったローズのフェイシャルオイル
●フィッシュ・ラ・ポワソヌリィ
●スワロフスキーの猫の置物

どの味も、香りも、風景も、思い出すたび心をキュンと切なくします。本当に愛しい想い出です。キラキラした町並みと、生活を楽しむ人々の様子にすぐに恋に落ちて、私もいつか絶対パリに住みたいと思うようになりました。

こんな風に心をときめかせてくださったのも「きれいをくれるパリの街」と「Parisの空の下で」に出遭えたことがとても大きく影響しています。

私の中でパリの素敵な女性の代名詞のようなEMIKOさん。これからはLAで暮らされることを知って、勝手ながらとても驚いています。さぞ一大決心だっとことと思います。

しかし場所が変わっても、きっと暮らしはますます丁寧に豊かに営まれていくことと思います。素敵な出会いやチャンスもたくさん巡ってくるのでしょうね!

天使の街で天使のようなお子様と素敵な旦那さまと笑顔溢れる毎日をお過ごしください。くれぐれもお元気で!!
これからも素敵な情報を発信してくださいね。楽しみにしています!!

EMIKO HANAWA さんのコメント...

ゆいちゃん。時差ぼけも抜けてやっと車も決めて購入して、なんとなく慣れてきました。子供達はものすごく元気だよ。既にアメリカ人の友達に囲まれてアメリカ英語になりつつある。。。なんかバービーみたいな話し方するの。おもしろいよ。

EMIKO HANAWA さんのコメント...

芙美さん。心温まるコメント本当にどうもありがとうございました。約1年かかってやっと決心したこのLA移住、きっとこれは私には避けて通れない経験なんだと思います。すごくそんな気がするんです。ここでこれからどんな生活が待っているのか分からないけれど、いつでも心をオープンに、生活自体を楽しみながらこのブログを続けていきたいと思います。これからもとうぞ、おつき合い下さい。

Mariko さんのコメント...

バレエ教室で声をかけさせてもらった、同じく安佐南区出身の者です。
まだバカンスでひっそりするパリで、久しぶりにこちらのブログをのぞかせてもらって、びっくり!LAに引越しされてたなんて!!また毎週水曜にお見かけすることがあるかな、と思っていたのに、個人的には残念です。
うちは以前北カリフォルニアのサンフランシスコに住んでいました。LAもゲッティ美術館など以前行ったことがあります。パリとは全く違う文化ですが、日本食も日本人も多いし、またアジア人としては楽しめますね。
お仕事上、パリにいらっしゃることもあるのでしょうか?またぜひお会いしたいです。