2009年1月11日日曜日

ガレット デ ロワ



 お正月を過ぎたらパン屋、お菓子屋に必ず並ぶケーキがGalette des roi(ガレットデロワ)とよばれるアーモンドペーストを入れたパイ生地のお菓子。今では日本でもすっかり有名になりました。この時期にしかないのと、中に入れたフェーブとよばれる小さな陶器の人形が当たるとその年は幸運に恵まれる、という言い伝えで、どの家庭でもこの時期は2、3回は食べるイベント的お菓子です。シンプルだけど、バターたっぷりのアーモンド生地が美味しくて、みんな大好です。学校の給食にも登場します。こんなにシンプルなのにイベントが絡むためかお値段は結構します。手の込んだアップルタルトや、チョコレートケーキよりも遥かに高い。味の当たり外れもあるので、私はほとんど手作りします。今年は中にリンゴも入れました。パイ生地は面倒くさいので冷凍のものを買ってきて、中のアーモンドペースとだけ作ります。でもこれだけでも手作りはやっぱり美味しい。オーブンの中でふわっと膨らむパイ生地を見ながら、家中が幸せの香りに包まれます。今年はnadiaにフェーブが当たりました。王冠をかぶってハイポーズ。嬉しくて、今夜は枕元にフェーブを置いて眠りにつきました。

1 件のコメント:

yasuko さんのコメント...

うっわー!!!
nadiaすっごいお姉ちゃんの顔になってる!
大人っぽくなっちゃってるー!
とてもうちに来た時のnadiaと
同一人物に見えない・・・。
いや、ああでないと!
You Tubeもすっごい面白くて、
最後は大笑いよ。