2009年1月9日金曜日

RAKU山田屋


 パリでお菓子の勉強をした親友が広島に住んでいます。広島でずっとlea fraise(レ フレーズ)というお菓子教室を開いたりウェディングケーキを作っているのですが、その彼女が開発したとてもおいしいケーキがあります。紅葉まんじゅうで有名な山田屋のRAKU山田屋と言うラインで和の材料を使ってフランスのお菓子を美味しくアレンジしています。これが、さすがその友人がレシピを提案しただけあって驚く程美味しく、おしゃれな仕上がりなのです。開発の段階で試食させてもらったのですが、どれも本当に素晴らしい出来で、贈り物にも最適です。こんなに美味しいお菓子が地元にあるなんてすごくうれしい驚きでした。元々彼女のケーキの大ファンである私は帰省するたびに彼女にケーキを作ってもらいます。洗練されているのに優しい味で「幸せをくれるケーキ」とはまさしくこういうことを言うのだなあと毎回感動します。
彼女のまじめで暖かい性格がケーキにそのまま反映されているのです。

今年始めに彼女から嬉しいプレゼントが届きました。RAKU山田屋の「秀でる山」という粒あんのクグロフです。これは中でも私の一番のお気に入りで、皆様にも是非お勧めします。
一口食べたあとに「あ、写真撮り忘れた」と急いで撮ったので、ちょっと欠けていますが、このような美しいケーキです。箱もエルメス調の綺麗なオレンジで、本当に最高のプレゼントでした。順ちゃんありがとう。

www.raku-yamadaya.jp
web上でも商品の販売をしているみたいです。広島に住んでいない方はこちらからどうぞ。
本当にオススメです。

1 件のコメント:

abricot さんのコメント...

はじめまして。
 今日、本屋さんで立ち読みをしていたら、「きれいをくれるパリの街」って本に目が行きました。素敵な本でした。パリで暗中模索しながらパリの空の下で頑張ってる娘を
 思い出しました。
で、EMIKOさんってどんな方だろうと
 思いPCで検索したら・・・見つけました
その中に、RAKU山田屋の「秀でる山」の事が書いてありました。
 広島に住んでいる私はRAKU山田屋の事は知ってましたが、いつもお店の前で
 眺めては、買わずに帰ってました(笑)
今回、ブログを見て買いに行ってみようと
 思います。
私、半世紀を少し過ぎてますが・・・・
 ブログのコメント初デビューです。